Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
残り1ヶ月
0
     
    今年も気がつけば12月 2011年も残り1ヶ月となりました
    福井市のBLS授業は17校21授業 終えました
    おかげさまでこのほかに5校の小・中学校から出張授業を受けました

    手探りの中 子どもたちに知ってもらいたいことは命のこと 
    今年各地で災害ある中 福井は幸いなことに水もあり 電気もつき 食べることも欠くことなく
    「普通」に生活ができました
    この「普通」はとてもむずかしく 人によって普通は変わりますが
    その人なりの普通が変わりなくおとづれることでその普通に気がつかなくなります

    これまでの普通の生活を失って はじめてこれまでの普通を感じることが多く
    東北の大震災で まっくらな体育館で涙を流しながら お父さんを失った少女が
    「当たり前とおもってきたことがどれくらい幸せなことだったか・・・」と言葉をつまらせていました
    それをあたたかく 明るい部屋で夕食をたべながら テレビをみていて
    「かわいそうに・・・」と一時思っていても 対岸の火事でしかなく
    想像できる親たちは心痛めることができても 子どもたちに実感がないのは仕方のないことだと思います

    わたしなりに伝えたいと命の話を語ったのですが伝わらない子どもたちもいました
    普通に生活し 元気な子どもたちに死や命について伝えることは大切なことですが
    とてもむずかしいことだと感じました

    でも この授業をなぜするのか だけでもわかってほしく
    娘に力を貸してもらいながら授業を進めたこともありました
    娘からのメッセージはすごいです 
    それまで ざわついていた空気がピーンと張り詰めた空気にかわります
    そして それまで下を向いていた子どもが顔をあげ わたしをみつめます
    言葉にならない思いはきっと心の奥底で小さな芽となり少なからず何かを感じてくれたのではないかと思います

    子どもたちは本当にかわいいです 
    どんな子どもたちもかわいいです 
    突っ張っている子も しらけた子もきれいな目をしています
    曇らせているのはきっとその子のせいではないでしょう
    そんな気がします
    この子どもたちが自分の命を大切に思い この社会おいてなくてはならない存在であること
    となりのお友達もおなじ 大切な命であり なくてはならない存在であること
    それさえわかってもらえたら きっと技術はついてきます

    心半ばで病で逝ってしまった救命士さんがいます
    心残りいっぱいで病で逝ってしまった医師がいます
    どうでしたか? 見ていてくれましたか?
    だまっていないで だめだししてくださいね


    posted by: inochi-admi3 | - | 08:48 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    はじめまして。
    ワード検索してみたら、こちらに辿り着きました。日記読まさせていただきました。
    私は一昨日大事な家族、犬を亡くしました。6年前には祖母を亡くしました。
    家族を亡くす事は本当に辛いですね。
    もう一度皆で笑って過ごした時間に戻りたいです。
    本当にもう一度だけでも過去に戻れたら良いのに。
    でも、それでも前に進まなくちゃいけないんですよね。
    すごく心が痛い。
    これから何を頑張って生きていけば良いのかわからないけど、家族の為にも元気に過ごす事が大事なのかなと気付きました。

    長々とすみません。。失礼しました…。。
    | きよ | 2011/12/05 6:09 AM |
    きよさん コメントをありがとうございます
    わたしも先日大切な家族の一員だった猫をなくしました 淋しいですね 本当に
    出会いがあれば別れはきます
    頭ではわかっていてもなかなか心はついていきません それでも先立った人たちが生きたかった命のためにも自分らしく 自分の生き方ができればと思っています
    不定期なブログですが よかったらまたのぞいてみてくださいね 
    | sakura | 2011/12/05 5:25 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://message.heartlife-fukui.com/trackback/947638
    トラックバック