Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きる力とは
0
    おぼれた小学生を救助 中学生3人に感謝状

    東京消防庁・新井雄治消防総監は23日、19日に東京・清瀬市の川でおぼれた小学生を救助した中学生3人に感謝状を贈った。
     東京消防庁によると、清瀬市の柳瀬川で19日昼ごろ、小学生の男児がおぼれて動かなくなったのを、埼玉・所沢市立柳瀬中学校に通う原口夕香さんが見つけた。原口さんが友人・溝上聖泰さんと弟・春喜さんに伝えたところ、2人が川に飛び込んで男児を岸に引き揚げた。男児は原口さんから心臓マッサージを受けて、意識を取り戻したという。


    http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1252526&media_id=88
    いやなニュースの多い中 さわやかでうれしいニュースがありました
    この中学生たちがいなかったら おぼれた小学生の運命はいかにです
    想像しても 一人で生還するわけがないことがわかります
    それなのにニュースの小ささ
    もうすこし 大々的に報道してもいいと思うのですが
    ただ いつも思うのですが
    結果がよかったのは運がよかったというより他ないということ
    川の水の多さ 流れの速さを計算して子どもたちは川に飛び込んだとは思えません
    命を救おう それだけで川にとびこんだこと
    それがとてもこわいとおもうのです

    私は命の講座で 子どもたちに命は大切であることを伝えています
    もちろん 自分の命もです
    救命して自分の命を縮めるようなことは勇気ではないことを
    強く伝えています 
    冷静に周囲が安全かがわかるには訓練や繰り返しの練習が必要です
    一度や二度 講習会を受け 助けなければと飛び込むのはある意味無謀です
    勇気と無謀はちがうことをしっかり伝えなければと思っています

    今回のニュースはすばらしいことですが それなのに小さく扱われているのはそういう意味もあるのかもしれません
    こういうすばらしいニュースがでっかく知らせるには
    やはり 小学校からのBLS教育で底辺をしっかりしたものにしていかなければと思います
    救命が当たり前であり 命にたいしてしっかりした思いをもつことができる子どもたちを育てることはそれこそが「生きる力」になると思います

    posted by: sakura | - | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://message.heartlife-fukui.com/trackback/932507
    トラックバック