Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
突然のこと
0
    今日、昂成弟の部活後迎えに行った時、弟が「3年生の女子が亡くなった...」と話し出した。!!『新聞のお悔やみ欄に載っていた子だ』と今朝見た新聞のことを思い出した。
    そのまま話を続けると、涙が出そうだったのでそこで聞くのをやめた。

    17歳。なんで亡くなったんだろう、病気だったのかな。と、朝それを見て思っていたところだった。まさかうちの子が行っている学校の子だったなんて思いもしなかったから、とてもショックだった。

    家に着いて、気持ちが落ち着いてから聞くと...
    学校から帰って、家で具合が悪くなり亡くなったらしい。と言っていた。
    突然の出来事。家族にしたら、何も受け止められずにいることでしょう。
    元気に帰ってきたのに、いなくなってしまった。普通にいたのに、いなくなってしまった。毎日一緒にいたのにいなくなってしまった。

    昂成も同じ高校に通っていたから、また生徒が亡くなるという出来事が起こり、その当時からいらした先生方も信じられないという思いでいっぱいかもしれない。

    学校は、悲しみでいっぱい。

    机の中に教科書とか置いてあったのかな。先生方はそれを整理して、両親に手渡すことでしょう。
    軽くなった机、「それが悲しかった」って、昂成の同級生は言っていた。
    もう来ないんだよ、いないんだよと突き付けられたみたいで、子どもたちは悲しくなってくるんでしょうね。

    頭が真っ白の状態で、学校にあいさつに行く家族の方。
    痛いくらいによくわかってしまい、悲しくなってくる。




    posted by: tokie | - | 16:50 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    そのお悔やみみました
    同じ日に17歳と19歳の方がなくなられていましたよね
    ご家族の想いを思うとものすごく落ち込みます

    人の寿命は長いとか短いじゃないといわれましたが
    たしかにそうですが 自分より先に逝かれるほど
    つらいものはなくて 自分の命をあげるから
    だから帰ってきてと願いつづけるのが私だけではないのが
    せつないです
    | sakura | 2010/05/24 8:23 PM |
    全校集会で校長先生からのお話があったようで、部活から帰ってきてからのことだそうです。

    本当に自分の命と入れ替えられるものなら入れ替えたいと、私も何度思ったことことでしょう。

    親はみんな同じ思いですね。

    | tokie | 2010/05/25 4:54 PM |
    先日はありがとうございました。
    初めてコメントさせて頂きます。

    「命のバトン」全部読みました。皆さんの頑張っておられる姿に感動しています。
    AEDがもっと普及して、アクシデントに遭遇した時、誰でもが使えるようになるといいですね。
    安心して住める社会を願っています。

    mixiで「命のバトン」を紹介しましたら仲間から
    「それぞれの活動、大事になさってください。陰ながら応援しています」とコメントを頂きました。お伝えしておきます。
    | 達ママ | 2010/06/01 12:29 PM |
    達ママさん 
    コメント ありがとうございました

    先日は虹の会に参加させていただき みなさんの温かい笑顔に心がほっと致しました 
    AEDの普及とその使い方を含めての一次救命の普及を伝えてきましたが この「晴れたらいいね」では遺族が自分らしく
    生きていくことと 命の大切さと伝えていけたらと思っています 

    mixiでのご紹介ありがとうございました
    たくさんのお力がまたがんばれる力となります
    これからもどうぞ宜しくお願いいたします
    | sakura | 2010/06/01 10:00 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://message.heartlife-fukui.com/trackback/928885
    トラックバック