Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
10年後に届いたママからの手紙
0

    最近 夕方のテレビで流れるのをみていて
    つくづく罪な番組だと思います

    10年たち 子供たちが大きくなるのを想像して書いた手紙が
    届けばいいです 
    届かなかった思いはどうしたらいいんでしょうか

    きっと このテレビをみるたび涙している人もいると思います
    わが子を思い 届けられない思いのやり場のない気持ちに

    きっと 生きていてほしいとの願いも含まれているのでしょうが
    すべての子供たちが年を重ねるとはいえませんよね

    反対に手紙を送ってくれたママがすでに旅立ってる場合もありますよね
    うれしいプレゼントかもしれませんが
    せつない思いや不条理な世の中への怒りがおこるかもしれません

    ちょっとつらい番組だと思うのですがどう思いますか?

    posted by: sakura | - | 19:23 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    私も全く同じことを思っていました。

    元気で生きているのが当たり前が前提なんですもんね。

    10年の月日の流れの中で何があるか分からないし、もしかしたらこの手紙を書いた人やもらった人の中には、失った人もいるかもしれないですよね。

    テレビを見ていて長男に思わず言っちゃいましたよ「生きていればいいけど...」って。

    今週、毎日やっていてちょっとつらかったです。

    亡くしたばかりの人が見ていたら、たまらない企画かもしれません。


    | tokie | 2010/05/21 4:59 PM |
    わたしだけじゃなかったんですね
    10年って長いです 
    その間にいろいろなことがありますよね
    たしかに 死ぬことを前提に手紙はかけませんが
    遺族だって 死ぬことなどのぞんだわけではないのです
    そういう不可抗力的ことで 心が傷ついてしまうような
    企画はいただけませんよね

    | sakura | 2010/05/21 7:26 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://message.heartlife-fukui.com/trackback/928442
    トラックバック